EXT3-fs warning: maximal mount count reached, running e2fsck is recommended

EXT3-fs warning: maximal mount count reached, running e2fsck is recommended

fsck(ファイルシステムチェック)せずに規定回数以上のマウントもしくは一定期間が経過した、というログです。
このログが出たら、次回のブート時には自動的にfsckを行います。

現状を確認する場合は

#tune2fs -l パーティション(ex:/dev/sdb1)

tune2fs 1.39 (29-May-2006)
Filesystem volume name:
Last mounted on:
Filesystem UUID: 3902cc62-bd1c-446e-a6d7-ccf5f953a584
Filesystem magic number: 0xEF53
Filesystem revision #: 1 (dynamic)
Filesystem features: has_journal resize_inode dir_index filetype needs_recovery sparse_super large_file
Default mount options: (none)
Filesystem state: clean
Errors behavior: Continue
Filesystem OS type: Linux
Inode count: 668827648
Block count: 1337646480
Reserved block count: 66882324
Free blocks: 820881288
Free inodes: 668210443
First block: 0
Block size: 4096
Fragment size: 4096
Reserved GDT blocks: 705
Blocks per group: 32768
Fragments per group: 32768
Inodes per group: 16384
Inode blocks per group: 512
Filesystem created: Wed Apr 7 01:33:52 2010
Last mount time: Tue Apr 13 23:24:06 2010
Last write time: Tue Apr 13 23:24:06 2010
Mount count: 9
Maximum mount count: 35

Last checked: Wed Apr 7 01:33:52 2010
Check interval: 15552000 (6 months)
Next check after: Mon Oct 4 01:33:52 2010
Reserved blocks uid: 0 (user root)
Reserved blocks gid: 0 (group root)
First inode: 11
Inode size: 128
Journal inode: 8
Default directory hash: tea
Directory Hash Seed: af2fef52-4f99-4f27-a8f6-8fa4b1eb8d0b
Journal backup: inode blocks

以上のような情報が出力されますが、確認する箇所は<Mount count><Maximum mount count><Check interval>になります。

Mount count・・・・・・・・・・・・・・現在のマウント回数
Maximum mount count・・・・・設定されている規定マウント回数(デフォルトは35回)
Check interval・・・・・・・・・・・・・設定されている期間(デフォルトは6ヶ月)

これを無効にするには以下のコマンドとなります。

マウント回数制限の無効
# tune2fs -c 0 パーティション(ex:/dev/sdb1)

tune2fs 1.39 (29-May-2006)
Setting maximal mount count to -1

期間制限の無効
# tune2fs -i 0 パーティション(ex:/dev/sdb1)

tune2fs 1.39 (29-May-2006)
Setting interval between checks to 0 seconds

共有ストレージをバックアップする際、アンマウントしてからバックアップジョブを走らせるかもしれませんが
日次バックアップだと、マウント回数が1回/日カウントされ、知らずの内にマウントの規定回数を超えることになります。
その為、サーバで障害があった際にサーバを再起動するとfsckが自動実行され、復旧までに時間がかかってしまいます。
それを避ける為に以上の設定を変更しておいた方が良いかもしれません。